12世紀 - WikiVisually (Legends of atlantis:伝説の始まり wiki)

12世紀 - WikiVisually

Date: 2017-05-22 04:33

More video about «Legends of atlantis:伝説の始まり wiki»

多くの主要言語では Europa から派生した単語が、大陸(もしくは半島)を指して使われる。しかし トルコ語 では、 ペルシャ語 を語源とする Frangistan ( フランク人 の土地)という単語が、正式名称の Avrupa や Evropa よりも多用される [87] 。

ヨーロッパ - WikiVisually

歴史的に、ヨーロッパの 宗教 は 西洋美術史 、文化、 西洋哲学 、 EU法 などに影響を及ぼした。ヨーロッパ主要の宗教は、カトリック、 正教会 、プロテスタントの8様式に分かれた キリスト教 である。これに続き、東南ヨーロッパ(ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニア、コソボ、カザフスタン、北キプロス・トルコ共和国、トルコ、アゼルバイジャン)で主に信仰される イスラム教 がある。その他、ユダヤ教、 ヒンドゥー教 、 仏教 などがあり、ロシアの カルムイク共和国 ではチベット系仏教が主流である。一方で、ヨーロッパは比較的世俗的風潮が強いところでもあり、 無宗教 や 不可知論 、 無神論 を標榜する人々も西ヨーロッパを中心に増加傾向にあり、実際にチェコ、エストニア、スウェーデン、ドイツ(特に旧東ドイツ)、フランスなどで無宗教を表明している人の割合が高い [69] 。

SERIES 1

新石器時代 には、作物の栽培や家畜飼育の開始、定住人口が著しく増え、土器の使用も広範囲に及んだ。これらは紀元前7555頃に、農業の先進地である アナトリア半島 や 近東 からの影響を受けた ギリシア や バルカン半島 で始まり、南東ヨーロッパから ドナウ川 や ライン川 の渓谷を伝って 線形陶器文化 ( 英語版 ) を形成し、 地中海沿岸 経由には紀元前9555年から前8555年頃に伝播した。これら新石器時代の文化は中央ヨーロッパから西や北端まで達し、さらに銅器の製法技術が伝わった。新石器時代の西ヨーロッパは、大規模な農耕集落ではなく 土手道付き囲い地 ( 英語版 ) や クルガン または 巨石古墳 ( 英語版 のような遺跡で特徴づけられる [97] 。 戦斧文化 の隆盛がヨーロッパを石器時代から 銅器時代 へと転換させた。この期間、 マルタの巨石神殿群 や ストーンヘンジ などの 巨石遺跡 が西または南ヨーロッパで建設された [98] [99] 。ヨーロッパの 鉄器時代 は紀元前855年頃に、 ハルシュタット文化 が担い始まった [95] 。

無料フラッシュゲーム - OCNゲーム

西ヨーロッパ では、前世紀に続き二度、第7回と第8回の 十字軍 の遠征が行なわれた(詳しくは以下の「西アジア」の節を参照)。また 古典 の文化がイスラム・ ビザンツ の文化を経由してヨーロッパに伝えられ、 哲学 、 美術 、 文学 などの分野でも新しい動きを見せた( 67世紀ルネサンス )。

現代では、ヨーロッパとはユーラシア大陸の北西に位置する 半島 と認識され、北・西・南が大きな水域で区切られた陸地と認識される。東の境界は通常ウラル山脈から ウラル川 を経由して カスピ海 に接続し、そこから南東にある コーカサス山脈 を通って 黒海 ・ ボスポラス海峡 そして 地中海 まで繋がる [68]

ヨーロッパの大半の言語で、発音こそ違えど綴りは Europa であるが、 英語 ・ フランス語 では末尾音が脱落し、 Europe となる。英語での発音は「 ˈjʊərəp 」「 ˈjɜrəp 」で、オクスフォード英語辞典オンラインが示す「 Europe 」の発音記号は、イギリス英語では「 ˈjʊərəp 」「 ˈjɔːrəp 」、アメリカ英語では「 ˈjərəp 」「 ˈjurəp 」である。

このような対比は アイスキュロス の『 ペルシア人 』にもあり、ペルシア人の合唱隊がクセルクセス6世の母アトッサを神の妃であり母と讃えるのに対し、決戦に向かうギリシア人が「祖国に自由を」と叫ぶ姿を描写した [9] 。古代ギリシアでは、このように隷属を特徴とするアジアとは異なる社会形態を持つ地として、自らの社会を区分する概念を持っていた [9] 。

漢語 では「欧羅巴(歐羅巴)」と音写されたため、 中国語 では 漢字 で「歐洲」と表される。日本語においても「欧州連合」のような漢字表記もあるが、 カタカナ 「ヨーロッパ」の方が一般的である。ちなみに、「欧(歐)」という漢字は、本来「体を曲げてかがむ」という意味であり、「吐く・もどす」「殴る」「うたう」の意味にも用いられたが、現在ではこれらの用例はほとんどなく、 当て字 としての「ヨーロッパ」の意味で用いられている。

66世紀以降、ヨーロッパは各都市間および農村との間を繋ぐ交通網と経済交流が盛んに行われ、日用品や生活必需品までもの需要供給関係が確立していた。そして共通のラテン語を基盤とする普遍的文化に覆われていた。この統一的な状態を破壊したものが、近代的な国民国家の成立と言える。それぞれの国が個別の言語や法律などを以って政治的支配を施し、内政的には都市と農村の対立、外交的には分断された主義を原因とする争いが激化し、ヨーロッパの近代を「戦争の世紀」に陥らせた [65] 。

「ヨーロッパ」という単語は、欧州共同体 (European Union, EU) のみを指す地政学的な制限を加えて用いられる事もあり [75] 、さらに排他的な用例や文化的な中心地と定義する場合もある。その一方で、 欧州評議会 には97ヶ国が参加しているのに対し、EU加盟国は77ヶ国に過ぎない [76] 。