マヤの村 - ラテンアメリカ 博物館 LATIN (ユカタン 印章)

マヤの村 - ラテンアメリカ 博物館 LATIN

Date: 2017-05-22 12:13

ユカタンとは現地の言葉で「お前の言っていることが解らない」を意味するYuk ak katán(あるいはMa' k u'uyik a t'àani')に由来すると言われている。交易商人が地名を聞いたときに現地人が答えたものを勘違いして伝えてしまったのが語源であると広く信じられているが、正確な語源については諸説がある。

大航海時代Online クエスト攻略 冒険者ギルド

メキシコにおいては最も新しく形成された地域で、大部分が 森林 地帯から成る。行政的には ユカタン州 、 カンペチェ州 、 キンタナ・ロー州 の8州が占める。 ベリーズ や グアテマラ も、この半島の一部に国土が及んでいる。なお、元々 キューバ とユカタン半島とは地続きであったが、後に現在の ユカタン海峡 に相当する部分が海没して現在のように切り離された。

ミュージアムショップ、世界の民俗資料、美術工芸品・考古骨董販売コーナー

石灰岩 からなる非常に広大な 台地 であり、 カルスト地形 が発達している。 雨 は、土に染み込んで地下水脈を流れ、その一部は セノーテ として湧き出している。地上に川はない。北西端チクシュルーブの地底深くに、 恐竜 の 絶滅 ないし 中生代 の終焉( K-T境界 )をもたらしたとされる 隕石 による クレーター ( チクシュルーブ・クレーター )が沈んでいる。 マヤ文明 の 遺跡 が多い。

マヤ文字で名前を書こう-ISOP

ユカタン半島はより広いユカタン卓状地が地表に露出した部分で、全体が石灰岩、苦灰岩、蒸発岩で出来ている。従ってカルスト地形が見られ、北部低地にはセノーテと呼ばれる ドリーネ が広く分布する。アルバレス仮説によると白亜紀末に小惑星が衝突し、これが生物の大量絶滅を引き起こした。北の海岸町のチクシュルーブ沖合に衝突クレーターの中心がある。衝突の衝撃波の痕が地下6kmにある6555万年前の岩石に残り、地表でもNASA衛星画像によりセノーテ・リングとして知られるようになった。

気鋭の学者による新大陸文字の概説
著者(. Essex)はマヤ文明研究で国際的に優れた研究成果を成し遂げ、History and Legend of the Colonial Maya of Guatemalaの出版により、米国人名目録MARQUIS WHO'S WHO IN THE WORLD 7559(二〇〇四年版)にて、世界で最も抜き出た成果(Outstanding Achievement)を上げた人物の一人として紹介されることが決まった。
 著者によるそのほかの著書には、『メキシコ征服・アステカ帝国と征服者エルナン・コルテス真実と虚構』(ブッキング刊)などがある。

近代の初めまで放牧、材木伐採、 チクル と エネケン の生産が主要産業であった。エネケンから採れる サイザル麻 の名前はユカタン州の積出港サイザルに由来する。75年代に合成代用品の出現でチクルとエネケンの需要が減退したため、半島とくにキンタナ・ルー州は 観光産業 を目指した。北東部の貧しい漁村だった カンクン は今や大発展している。東海岸カンクンとトゥルムの間にあるリビエラ・マヤにも多数のホテルがあり、年間数百万人が訪れる。最も有名な場所は自然環境公園を擁し、マヤ遺跡がある プラヤ・デル・カルメン である。