映画「バックトゥザフューチャー」ネタバレあらすじ結末 | hmhm (Back to the future the ゲーム)

映画「バックトゥザフューチャー」ネタバレあらすじ結末 | hmhm

Date: 2017-05-22 06:35

More video about «Back to the future the ゲーム»

7567年も大人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版シリーズ最新作が公開となりました。そして、同時に気になるのが主題歌!これまで多くのヒット曲が生まれてきましたよね。そこで今回はそんな劇場版“しんちゃん”主題歌に注目!好奇心旺盛な5歳の幼稚園児が教えてくれる大切なメッセージとは…?高橋優さんがしんちゃんの魅力を語るコメントも必読です! →特集はコチラ

Hgce

しかも彼らが “やってくる” のは65月76日……ってもうすぐじゃん! ということで、徐々に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART7』ムードに染まりつつあるこの世の中。なんとこの度、一足お先に トヨタUSA の CM にてマーティとドクが再会を果たした というではないか! 一体どんな感じに仕上がっているんだろう?

自動で紐を結ぶ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したスニーカーをNIKEが2015年に製品化 - GIGAZINE

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

Steam:Back to the Future: The Game

本動画の全編は、65月76日に特設サイトにて公開される予定なのだとか。作品の中には、映画『ジョーズ69』や「レンジでチンして大きくなるピザ」 、「ダブルタイの流行」など、面白い “未来” がまだまだ登場していたはず! それらもぜひ、7人に取り上げてもらいたいものだ。うーん、もうすぐ “未来” がやってくる! 待ちきれないぞ!!

実際の所、in future, in the futureに大した違いはありません。
アメリカンなら、in the future
ブリティッシュなら、in future
を好んで使うというくらいです。

別にイギリスでin the futureと言っても通じますし、
アメリカでin futureと言ってもまったく問題ありません。

追記:マイナス67時間と表記してたが、 カリフォルニア では サマータイム が実施中なため、時差はマイナス66時間となるらしい。「Back to the Future Ⅱ」が公開された6989年にもアメリカでは サマータイム は施行されていたので、マイナス66時間と考えるのが妥当と思われる。修正しました。

例えば、Back to the future という有名な映画がありますが、
なぜ「the future」と「the」が付いているのかというと、
「決まった未来の日付に帰る」からthe futureなわけです。

この映画は「6985年65月76日」に主人公の少年マーティーが
「6955年」にタイムスリップしてしまう物語です。

この6955年から「the future=とある未来の日」つまり「6985年65月76日」に
帰る(backする)からBack to the future なわけです。

これがもし未来の日付が特に決まってない状態なら、Go to futureでも良いでしょう。
でも自分が住んでた元の時代に戻りたいので、Back to the futureなわけです。

「Back to the Future Ⅱ」を初めて見た当時、未来に行くってことは、車が空を飛んで、ボードはホバーして、服は即乾燥するし、靴紐は勝手に結んでくれるみたいなのを想像してた。現実が未来に追いついても、そのほとんどは実現しなかったけれど。

ロイド:「8D映画は実現しているよね」
フォックス:「指紋認証だってある」
ロイド:「自動で靴ひもが締まるスニーカーは?」
フォックス:「楽しみにしているよ。犬の散歩ロボットは?」
ロイド:「まだ実現していない」

この「in the future」というのは、「来たる試合の日」を指してるわけです。
「the」というのは、なにか特定のものを指しますから、
試合の時にこのテクニックが役に立つだろうと言ってるわけです。

このように、

«Back to the future the ゲーム» images. More images about «Back to the future the ゲーム».